Garmin(ガーミン)vivosmart J HRを装着していたら汗疹(あせも)ができたので夏場は外すことにした。

Garmin(ガーミン)vivosmart J HRは、とても気に入っているウェアラブルガジェットの一つだ。

▼Garmin(ガーミン)vivosmart J HRの過去の記事はこちら
Garmin(ガーミン)の「vivosmart HR J」を購入した!〜人生初のウェアラブルガジェット〜【開封の儀】 – Live the Destiny

装着しているだけで、睡眠・心拍・歩数などの計測ができる。しばらく動かないでいると「MOVE!」の表示とバイブレーションで運動を促してくれる。

もちろん、時計やアラーム・通知機能も搭載されている。

また、防水にも優れていてシャワーを浴びているときでも装着したままで大丈夫なのだ。

しかし、問題が発生。

Garmin(ガーミン)vivosmart J HRのバンドは、ゴム製。

それに、本体裏の内蔵光学式心拍計で手首の脈拍を計測するため、わりとキチっとバンドを締めておく必要がある。

こんな感じ。

Garmin(ガーミン)を装着している外側の画像
▲外側。

Garmin(ガーミン)を装着している内側の画像
▲内側。

今は夏場ということもあり、汗をかきやすい。

そう、その問題というのが「汗疹(あせも)」だ。

Garmin(ガーミン)を外した時の外側からの画像
▲このように跡が残るくらい、きっちりと閉めている。

そうしないと、光学式心拍計が機能しないのだ。

Garmin(ガーミン)を外した時の内側からの画像
▲ここが、汗疹(あせも)ができている部分。赤く腫れて痛々しい。そしてかゆい。

僕は、どちらかというと汗かきな方だ。

でも、汗疹(あせも)ができたことは赤ちゃんの時以来、ない気がする(そもそも赤ちゃんの記憶はないが)。

それに、腕時計をつけていて汗疹(あせも)ができたこともない。

バンドがゴムということと、寝ている時や、ウォーキングの時に汗をかくので、それが原因だと思う。

こまめに外して、汗を拭き取らないといけない。

装着したまま、なんでも計測してくれるので、ずぼらな僕はあまえていた。

とっても気に入っていたけど治さない限りこのまま装着していられない。

ひとまず、Garmin(ガーミン)vivosmart J HRの装着を夏場はあきらめよう。

これからGarmin(ガーミン)vivosmart J HRを購入しようとしている方や、僕と同じように汗疹(あせも)で悩んでいる方は、特に夏場は頻繁に外して汗を拭くことをおすすめする。

治ったら、また復活させよう!

Garmin Connect™ Mobile

無料
(2016.07.10時点)
posted with ポチレバ
Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。