夢の実現に突貫工事はない!一歩ずつ確実に進んでいこう!

東京スカイツリーを見上げた画像

あなたに夢はありますか?

マイホームを購入する。お金持ちになる。起業して社長になる。フェラーリに乗る。有名になる・・・。

いろんな夢があっていいと思います。

そんな夢を実現させようと一歩でも行動した人は素晴らしいですね。

でも、ほとんどの人が挫折してしまいます。

なんどもチャレンジしては、失敗して諦めて・・・。いつの間にか、「そんな夢、かないっこない」と言ってしまう自分になってしまうんですよね。

僕もそうでした。

僕の場合は、いきなりすべて成功させようとしてしまって結局何も手に入らず終わってしまうことがほとんどだったんです。馬力はあったんですけど、長続きしないタイプです(笑)。

「こんな自分になりたい!」「あんなことを実現させたい!」と息巻いて行動はするんです。でも続かない。何も残らない。それの繰り返しです。

まだまだ、僕は成功者とはいえない発展途上な人間なんですが、一つだけわかったことがあるんです。

仮に、ここでは自己実現させることを成功と定義します。

では、一つだけわかったこと。

それは、成功するには地道で小さなステップがたっくさんあるっていうことです。

少しわかりやすく話しますね。

例えば、半年で完成した東京スカイツリーのエレベーターに、あなたは乗れますか?

そんな突貫工事で完成した建物に足を踏み入れるなんて恐ろしいにもほどがありますよね?

ましてや、あんなに高くて大きな建物に。

お気づきでしょうか。

そう、僕はいつも東京スカイツリーにいきなりなろうとしてたんです。

そんな突貫工事の自己実現なんてむちゃですよね。

東京スカイツリーは、東京タワーに次ぐ新タワーの構想から竣工まで約10年かかっています。

どんな役割にするか、どこに建てるか、高さはどうするか、デザインはどうするか・・・などが決まり、設計図を作って構築にとりかかるんです。

そうやって、地道で細かい作業の積み重ねで、634メートルにも及ぶ巨大で立派なものが出来上がるんですよね。

成功への道のりも同じではないでしょうか。

まずは、今まさに実現しているかのごとく、錯覚さえするかのごとく自分が成功者になったときのことをリアルに想像できないと完成(成功)しません。

あの東京スカイツリーも、デザインや設計図もなしに、ただ土台から高く積み上げていったらたまたまあのカタチになったってわけではありませんよね。

きっと、精巧なデザインをいくつも作って、その中で「これだ!」ってやつに決めて、そのデザインに基づいて細かく設計図を作っていったに違いありません。その設計図を基にたくさんの作業項目(タスク)を立ち上げて、一つ一つこなしていって完成したんですね。

なので、志や目標が高ければ高いほど作業項目も多いし時間もかかるんですね。

では、お話のまとめに入りますね。

成功者になりたければ、まず必ずやらないといけないこと。

地道で小さなステップがたくさんある中のファーストステップ。

それは、「青写真でなりたい自分を描くこと」です。自分の人生を、ライフスタイルをデザインするってことです。

その成功している未来の自分は、何歳ですか?どんな健康状態ですか?どんな家に住んでいますか?何時に起きていますか?起きたら何をしていますか?どんな食事をしていますか?どんな人と組んで仕事をしていますか?・・・・たくさん質問してくっきりとイメージしましょう。人生をデザインしましょう。

もし、これが明確に描くことができて、それに向かって「今やること」が見えていて、さらに実際に行動しているのであれば、もはやあなたはすでに成功者といってもいいと思うんです。

デザインをしたならば、次は仕様や設計図を作ります。

人生の設計図については、また後日、気が向いたらお話しさせてもらいますね。

まだ成功者でもないのに、成功について話すっていう僕の非常識な記事を読んでいただきありがとうございます。

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。