理想的な「早寝早起き」!これから継続していけるかどうかが鍵!

快眠度70%を二日連続でキープ!

理想の早寝早起きができた

早起きが先に定着してきたので、課題は早起きだった。

昨日は、かなり「早寝」を意識した。
19時までに夕食を済ませて読書しながらゆっくりとした時間を過ごし、22時までに風呂に入る。
そして23時には就寝。思った以上に18時以降の時間を有効的にしていかないと早寝ができない。

快眠度が昨日の睡眠時間 6:22 と全く同じなのはどうしてだろうか?お酒を飲んだくらいの違いしかない。
今後、お酒を飲んだ時とそうでない時の快眠度の違いもチェックしていこう。

快眠度の画像

体重微減。。

体重昨日比-0.1kg。

夕食を摂ってから就寝までの時間が5時間ほどあったのでおなかいっぱい食べても体重減。

体重の変化の画像

早朝瞑想もしっかり15分!

今日もしっかり15分の瞑想。

瞑想は短くても効果があるそうだ。3分でも5分でも。毎日決まった時間にする方がより効果がある。

瞑想の画像

まとめ

自分のカラダを毎日チェックしていくといろんなことに気づくようになる。

自分と向き合う時間が少しでもあるということはとても大切なこと。忙しければ忙しいほど自分を見てあげないと悲鳴をあげてしまう。

では、今日もはりきっていきましょう!

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。