【加藤神社編】熊本城三社参りに行ってきた!

加藤神社の鳥居の画像

先日、2月28日、セミナーで熊本へ行ってきた。

▼セミナーのレポートはこちら

立花岳志さんによる「好きなことをネットに接続せよ!ブログとSNS・個人の情報発信で自由な生き方を掴み取る人のためのファーストステップセミナー in 熊本」に参加してきた – Live the Destiny

そのセミナーが14時からスタートだったので、午前中早めに行って熊本城にある神社を三社参りすることにした。

熊本城自体は、過去に数回行ったことがあるのだが、神社へ行くのは今回初めてのこと。

熊本城の神社へ参拝に行こうと思った理由は、今年の恵方が「南南東」だからだ。

そう、僕の自宅からちょうど「南南東」に熊本城があるのだ。

せっかく熊本に行くことだし、縁起もいいということで熊本城の神社へ参拝することに決めた。

熊本城の敷地内には神社がある

熊本城の周りには、三つの神社がある。

加藤神社。熊本稲荷神社。熊本大神宮。

では、まず最初に行った加藤神社を紹介しよう。

まずは、加藤神社へ!

まずは、熊本城の一番上(頂上付近)にある加藤神社へ参拝に行ってきた。

加藤神社とは、加藤清正公が祀られている神社だ。

加藤清正公は、日本三大名城・日本三堅城の一つである熊本城を築城した人物でもある。

熊本県民にとっては、熊本発展の礎を築いた人物として名高い。

加藤神社の鳥居の画像

▲入り口にある鳥居。

この日は、神前式も何組かおこなわれており、たくさんの方々がいた。

加藤神社から熊本城を見た画像

▲加藤神社から見える、熊本城本丸。

天気も良く、美しい熊本城がより映えており、実に絶景だった。

加藤神社の大銀杏の画像

▲銀杏の樹。熊本城築城の際、天守閣前の大銀杏と共に、加藤清正公がお手植えなされたものと伝わっている。

加藤神社の境内の画像

▲境内は、神前式が執り行われており、扉が閉まっていた。

だけど、扉に張り紙が貼ったあり、「扉を開けて参拝ください」的なことが書かれてあったので、静かに扉を開けてその向こう側にある賽銭箱にお賽銭を入れて参拝した。

加藤神社の御朱印の画像

▲加藤神社の御朱印。

細く、繊細な筆遣いが特徴。

まとめ

この日は、天気がとてもよく2月だというのに20℃近くあり汗をかくくらいの日だった。

まずは一社目、由緒ある神社に参拝できて満足。

次は、熊本稲荷神社へ移動だ!

加藤神社へのアクセス

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。