浅い眠りで目覚めが今一な朝を迎える

浅い眠りで目覚めが今一な朝を迎える

昨日の日中は、スケジュールも充実していたので、熟睡できると思っていたのだが、今朝はあまりスッキリしない目覚めとなってしまった。

では、さっそく今朝のカラダを振り返ろう!

浅い眠りはグラフにもあらわれていた

睡眠時間は、約6時間と割としっかり確保できた。

3月下旬から寝る時はタオルケット一枚だけ羽織って寝ている。

昨夜から朝方にかけて寒かったせいか、ちょこちょこ起きていたような記憶がある。

この季節、室温、体温ともに調整するのが非常に難しい。

快眠度の画像

体重には変化なし

体重昨日比±0.0kg。93.4kg。

昨日は、朝食と昼食をわりとがっつり目にいただいた。

なので、体重が増加していることは覚悟していたのだが変化なし。

体重の変化の画像

まとめ

そもそもだがダイエットにしても、良質な睡眠にしても参考にしている文献や体験などは全くなく、我流でやっている。

だから、ずっと体重は減らないし、良質な睡眠も一定しない。

文献などを読み漁ってみて取り入れるべきかなと思っている。

以前読んだことのある「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」に、『寝てる間に痩せる方法』みたいなことが書かれていたので、復習してみよう。

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。