ほぼ日手帳の「もしものときの、準備をしよう」ページを活用することにした!

ほぼ日手帳のもしものときの準備をしようのページの画像

4月14日に発生した熊本地震。

家屋は倒壊し、地面は陥落、ライフラインも一時期ストップしてしまった大きな震災。

たくさんの犠牲者を出してしまった。

僕は福岡県に自宅があるのだが、正直「まさか熊本で震災が?!」という気持ちだ。

今後、どこで何が起きるかわからない。

もし、僕が当事者だったら慌てふためいて何にもできないだろう。

相当に用意周到であったとしても、大震災を目の当たりにすると人間は何もできないだろう。

しかし、できるだけの備えはあったほうが良いに限る。

僕の手帳は、「ほぼ日手帳(カズン)」を使用している。

最後の方のページに、『もしものときの、準備をしよう』というページがある。

基本的に手帳は身近なところにあるので、このページを活用することにした。

内容は、大きく分けて以下の3点。

1、非常時持ち出し品リストをつくり、実際にリュックなどに準備しましょう。

すでに非常時に必要と思われるモノが、リストに上がっている。

最低限、このリストに従って準備をしよう。

プラスαで、追加記入も出来るので思いついたら書き足していこう。

2、非常時用の備蓄品も、準備しておきましょう。

飲料水や、ご飯、ビスケットなど、一人分の目安で書き出されているのでとても参考になる。

3、家族や親しい人と災害時の行動について確認し、書き込んでおきましょう。

避難所や、緊急連絡先、安否確認の方法などを書き込めるようになっている。

我が家も、「避難所をどこにするか」「家族がお互い家を仕事などで外出していた場合、どこに最終的に避難するか」なども話し合って決めた。

「備えあれば憂いなし」。

恥ずかしい話だが、本当に今回の熊本地震で「自分ごと」として捉えることができた。

ほぼ日手帳の本の1ページに過ぎないが、「ここに書いてある」という場所を確保できた意味では、少し気持ちが落ち着いた。

みなさんは、どんな準備をされているだろうか。

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。