欠乏感が半端ない僕にとって大切なのは「すでにある」という発想だった

作りかけのパズル
作りかけのパズル

欠乏感が半端ない僕にとって大切なのは「すでにある」という発想だった

この記事では、僕がずっと持っていた欠乏感をどのように手放していったかを書いてみた。

欠乏感の意味をググってみると・・・

欠乏感・・・量や質が不十分だと感じる心情を意味する表現。

まず、僕の欠乏感がどんなものかを紹介する。

「なんで僕はお金持ちじゃないんだ」
「あの人はあんなに稼いでいるのに、なんで僕は稼げないんだ」
「なんで僕ばっかりこんなに苦労しなきゃいけないんだ」
「僕くらいの年齢の人はみんなあんなに成功しているのに、なんで僕はできないんだ」
「なんで高級車に乗れないんだ」
「なんでマンションさえも購入でいないんだ」
ない、ない、ない・・・。もうきりがない。もう止まらない。

では次に、すでにあるものってなんだろう?と想像力を働かせてみると・・・

10km離れた市街に移動したければ、バスがあるし電車がある。
それを安全に運営してくれる会社がある。
寒さをしのぐための服が着れていて防寒着もある。
雨風をしのぐための家がある。
空腹を満たすための食物がある。
農家の方々のおかげで稲から育てなくても、お米を買って食べることができる。
野菜や果物もそう。
それに、資料を作ったりアウトプットするためのパソコンがある。
遠隔でもコミュニケーションできるインターネットがあり、アプリやソフトがある。
お金だって手元にはあまりないかもしれないけど、日本中には何十兆もの円がある。
ある、ある、ある・・・。もうきりがない。止まらない。

感覚だけど、僕が必要とするものの90%くらいはすでにあるし、すでに手にしている。
ズバリ言ってしまうと、これまでの僕は、残り10%のないもの、足りていないものばかりに着目していた。
そこに着目して、あれが足りない、僕は持ってない・・・と考えていた。

欠乏感が半端ない。
でもここが大事なところ。
欠乏感なのだ。
「欠乏」している「感覚」で、欠乏感。
要するに、本当に欠乏しているわけではなく、その感覚だけを持っている。
この欠乏感に完全に支配されていた。

この欠乏感を払拭するのはかんたんではない。

この欠乏感のような僕を苦しめる考えのことを、エゴやビリーフという。

自分自身と向き合い、心のクリーニング・クリアリングをやってきたし、今でもやっている。
これからもやり続ける。

この欠乏感から脱却し、今すでにあるということに気づくことができれば人生の豊かさが格段に上がる気がする。
別の言い方をすると、そもそも僕の人生は豊かなんだということに気づく。

この欠乏感に、「払拭」や「脱却」という言葉を使った。
だけど、まず大切なのは「受容する」ということ。

欠乏感を感じていたことにも、きっと意味がある。
僕の場合は、欠乏感を感じることで自分を守ってきた。
例えば、お金持ちになることで人から悪口や陰口を言われることがないように、自分を「お金持ちではない」と決めつけて「なんで僕はお金持ちじゃないんだ」という考えを持っていた。そうやって自分を守っていた。
お金に関しては、たくさんのビリーフが絡まっていて単純にそれだけではないんだけど。
かんたんにいうと、そんなところ。ちゃんと意味がある。

この欠乏感を受容し、感謝し、別れを告げる。
そうやって、これまで持っていた欠乏感を手放す。

その段階までくることができれば、あとは創造力をはたらかせるだけ。
意識や考え、アイデアを形あるものにする。
すでにあるというマインドが備わっているので、どう組み合わせれば形になるのか、
どう組み合わせれば人に喜んでもらえるのか、
それを創造していく。
その過程で壁にぶち当たった時は、人に聞けばいいし、本を読めばいいし、なんだってある。

僕は日々、自分を苦しめているエゴやビリーフを手放していくべく、自己探求をしている。
自分を苦しめるエゴやビリーフは、無意識にはたらいているので、なかなかキャッチしづらい。
そのため、まずは意識化していく必要がある。

僕の場合は、僕を苦しめる考えが浮かんだ瞬間にノートにメモをしている。
なかなかそのメモもたまってきたので、今後ブログで公開していこうと思っている。
その考えに対して、どうやって手放しているかという過程も書いていきたい。

Facebook Comments
作りかけのパズル

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター
・米国ナショナルアンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントスペシャリスト-1
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。