なにか大きな存在に生かされているかもしれない・・・という経験をした

今日は、僕にとって特別な日になった。
ちょっと奇跡的な一日を経験したので、そのことをシェアしようと思う。
不思議な経験だったのでシェアすることを躊躇したけれど、このことをブログに書くことで、しっかりとその記録を残し、これからの歩みに生かしたいきたいので勇気を出して書くことにした。
そして、こうやって書いて発信することで、このブログを見てくれる方々に「山形ってこんなこと思ってるんだな、考えてるんだな」と思っていただけたらうれしい。

では、話していこう。

まず、僕は人生においてこんなビジョンをもっている。

「人が天命を生きられるように導き、調和された平和な地球をつくる」

これは、昨年のLPL11期で導き出したビジョンだ。
真実や答えは自分の中にあると信じて、内面をクリーニング・クリアリングをおこなって導いたビジョン。

しかし、このビジョンがもつ世界観があまりにもスケールが大きすぎて、具体的にどんな行動をやっていけばいいのか、さっぱりわからない日々が続いていた。その期間、約半年ほど。

モヤモヤした感覚は日々つのるばかりだし、最近はイライラするまでになっていた。
さらには、まったく誰に言っているのか、思考のなかで言い訳が始まる始末。

「あんなビジョンなんて、人からよく見られようと思って無理矢理カッコつけて言ったビジョンだから、実現なんてどうせできないに決まっている」

「半年経っても行動できないんだから、本当のビジョンはきっと別のものだよ」

うまくいかないと、それを正当化する僕のエゴくんは見事なものだ。

あまりにもモヤモヤの感覚があったので、このことを朝一でマインドマップにアウトプットすることにした。
それがこちら。

この雑さからモヤモヤやイライラ感が伝わるだろう。何が書かれているかは読めなくてOKです。そもそもお見せするつもりではなかったのでごめんなさい(笑)イメージだけ捉えていただければ・・・(このように単色だけで下書き感覚でかくマインドマップをミニマインドマップという)。

いったん、見えない思考の中のモヤモヤを、マインドマップでかいてみることで見える化してみた。
書き終わったあと、そのマインドマップを俯瞰することで少しだけ落ち着きを取り戻した感覚になった。

そしてそのまま、朝一で訪問先があったのでバスに乗り込む。
いつも座れないバスに座ることができてラッキー!なんて思いながら、5分ほどボーッと外を眺めていた時のこと。

突然だった!

急に頭が真っ白になって、たぶん(?)僕の声で言葉が降りてきた。
それは、このようなものだった。

「理性と感性の統合をする」
「それを始めるための材料はすでにもっている」
「今まで習得したスキルを全部使いなさい」
「今すぐにでもやれることがある」
「本気でやれ」← ここ曖昧・・・。たぶんこんな言葉だったと思う・・・

あと、2〜3個の言葉があったはずだけど、残念ながら拾えたのは上の5つだった。
でも、これで十分。

一瞬、「これはなんだ?何が起きてるんだ?」と思ったけれども、慌ててその言葉を解釈してみた。

それがこちら。

マインドマップを活用して思考にスペースをつくる。
思考にスペースができると、心が見えてくる。
カウンセリングとセラピーを活用して心にスペースをつくる。
心にスペースができると、ハイヤーセルフが見えてくる。
そこに天命の記憶がある。
そしてさらに、その天命の記憶を思い出したならば、それを理性で実現させていく。
まさに、理性と感性の統合。
これらを僕だけが活用するのではなく、たくさんの人に伝えていく。
一人でも多くの人が、このことに気づき実践できたならば、地球は調和され平和へと向かい出す。

今朝のモヤモヤが信じられないくらいにハッキリと言語化できた瞬間だった。
興奮しているけれども、不思議と深い呼吸をゆっくりと繰り返していた。
気づいたらなぜか右目から涙がスーッと流れていた。

半年間モヤモヤしていたのは、この感覚をしっかりと味わうためだったと思えた。

でも、話はこれで終わらず・・・

ビジョンを具体的にできた次に必要なのは、まず何を、いつやるのかといったもっと具体的なところ。目標だったり、計画だったり、ファーストステップは何をして、いつやるかなどなど。

なんと!今日はクライアントとしてコーチングを予約していた日だっだ。
知り合いの方からお声がかかり、一週間ほど前に予約をしていた。
目標達成コーチングだったので、今朝のバスでの出来事をシェアしセッションが始まった。
セッションが終わる頃には、目標もわりと明確になり、けっこう細かく計画立案・行動計画が出来上がる。
とても素晴らしいセッションだった。

さらにさらに、そのセッションのあとカウンセリングのトレーニングの日だったので、パートナーさんに感性ビジョンコーチングがしたいことを告げ快諾していただく。
カウンセラー仲間の間で「女王」ともよばれている素晴らしいカウンセラーさんにセッションしていただいた。

目標達成コーチングのあとに、感性ビジョンコーチングというコーチング2本立て!!
ダブルコーチングセッションは、これまでに初めての経験だったし、おそらくこの先も滅多にないことだろう。
それが今日だったという、このプロセスはどう説明したらいいのだろう・・・
なんというか、生かされているという感覚?「そのビジョン、はよやれや!」と誰かから言われている感覚??

おかげで、今なぞの頭痛に襲われているんだけど(笑)

『今日のこの出来事をブログに書いて今日中に投稿する』というのも、今日決まったファーストステップの一つ。仕事が終わらず、0時を過ぎてしまったけどなんとか更新できた(汗)

ビジョンを諦めなかった自分を褒めてあげたい。
そして、僕と関わってくれている人たちみんなに感謝したい!

この、「始まった」という感覚。
山形竜也の人生第二幕を見ていてほしい。
そして応援していただけると、とってもうれしいな!

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・日本メンター協会オフィシャルパートナー
・上級ウェブ解析士

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。