個人でやっているウェブ解析のお仕事が今日ですべて終了しました

翼を広げて光っている鳥

個人でウェブ解析(ウェブのコンサル)の仕事をしている。
しかし、その仕事も今日ですべて契約が終了した。

9社のウェブ解析を昨年の9月から請け負っていた。

結果としては、9社中8社が目標の200%超え。
残り1社は目標には届かなかったけど、ウェブからの売上が前年比で120%を超えた。

1社は残念だったけど、とっても喜んでいただけた。

まずまずの結果だと思っている。

今年の4月、「本格的に心理カウンセリングの仕事をしていきたい!」と決意。

すぐにすべてのクライントに対して、契約を終わらせたいという事情を説明させていただいた。
僕の全部を話して、覚悟をお伝えした。

世の中の社長さんって、こう・・・なんというのだろう。
覚悟をもって、夢に向かっていく姿勢を全力で応援してくれる力というか、懐の深さというか・・・。
みなさん、とても残念そうだったけど「頑張れ!!いつでも応援してるから!!」と言っていただいた。

7社が7月に終わり、そして今月2社が終わった。そのうち1社が今日だった。

最後の1社は社長さんとお別れに抱き合った時、泣いちゃった。
そのままランチもご馳走していただく。

僕「このこと、ブログに書きますね」
社長「うん、書いちゃって。そんでうちの宣伝いっぱいしといて!」
僕「いや、宣伝はしません(笑)」
なんていう冗談も言える関係になっていた。
(過去の僕は、社長=権威 であり、冗談も言えずただ従うだけだった。だけど心の学びを深めることで対等の人間関係が築けるようになってきた。このことも後に記事にしたい)

ウェブに携わって10年経つ。
一時期はデザイナーでやろうとしてたけど、センスがまったくなく業界で歯が立たなかった。その時、ウェブ解析という資格を知り「これだ!」と思った。
いくら見た目が良いホームページを持っていても、それが売上・利益に貢献しなければ、また見られなければまったく意味がないものになってしまう。それを事業の成果に結びつけてコンサルしていくのがウェブ解析という仕事。

例えば、「40代の男性は平日の20時から22時の間に、AとBのページをよく見ている。だけども、そのページのクロージングが弱くコンバージョンに至らない。なので対象のページを改修することで売上が●●%アップ見込める」(←結構粗いけど、例えばね)なんていうことをやっていた。

これが不思議で、ウェブだけしかやっていない時はなかなか成果が出なかったのが事実。
だけど、心理学や心の学びをすることで、パソコンの向こう側、そのウェブを見ている人のことを考えられるようになり、成果が上がりだした。

パソコン(ウェブ)を相手に仕事をしているんじゃなくて、人を相手に仕事やっていたんだなと気付いた。

パソコンという無機質なものを見ながら、扱いながら仕事をしているけど、人の温もりや息遣いまでも想像し感じながら仕事をすることが大切なんだということに、ウェブ解析の仕事をしながら最後に気づけたことは、これからの僕にとっても大きな財産になりそうだ。

いつもなら11月までにウェブ解析士の資格更新をするのだけれど、もう更新はしない。
ウェブ解析士協会と、そのつながりで出会った皆さんに心から感謝します!
本当にありがとうございました。

ということで、大きな仕事がポッコリと僕のライスワークからなくなるというわけで・・・。
希望に満ち溢れているけど、不安もかなりある。
時間もあったので、食べていける分の収入はなんとか確保しているが・・・。

でも、今生で僕が命をかけられるもの。それを2年かかったけど見つけ出すことができた。
いよいよ僕の大きな翼を広げて羽ばたいていくタイミングだ!

次回の記事では、僕が何に命をかけていくかについて書こうと思う。

今日はこのへんで。

Facebook Comments
翼を広げて光っている鳥

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

・心理カウンセラー・セラピスト
・英国ThinkBuzan社公認マインドマップインストラクター
・日本メンター協会オフィシャルパートナー

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。身長184cm、牡羊座、A型、右利き。