ビジネスでSNSを活用するならば、そのSNSが定めたルールを守り共存しよう!!

今の時代、自由に、そして当たり前のようにSNSをつかって情報を発信したり、閲覧したりできています。

しかし、もしSNSが使えなくなったら・・・

ということを、あなたは想像したことはありますか?

そうならないためにも、特にビジネスでSNSを活用するならば大切なことをお伝えします。

ビジネスでSNSを活用するならば、そのSNSが定めたルールを守り共存しよう!!

SNSの媒体を選んだら、その「SNSの求めるところ」を意識して、その媒体のメリットにもなるように「共存」を意識します。

なぜならば、SNSやブログやYouTubeも運営会社は利潤を追求する企業だからです。

その企業がその事業を続けられるようになることが大切なんです。

その媒体に自分が参加することで、

  • その媒体の価値が上がる
  • 企業の利益が増える

そこまで意識してSNSの媒体を選びその媒体を理解すること。

ほとんどの人が考えたこともないようのなことですが、これは絶対に守るべきは「ルール」です。

ここまでハッキリ言うには理由があります。

インターネットが世の中に広まる前の時代、世界の情報を牛耳っていたのは、

  • ラジオ
  • 新聞
  • テレビ

です。

わたしたちは、個人の主張や情報を発信することも何もできない時代でした。

その時代とくらべて今はどうでしょう?

さきほどから言っている「企業の利潤」さえ意識して追求さえすれば、個人の主張や情報を世界に拡げることができます。

ぼくが子供の頃からすると、到底考えられないことが起きているんです。

信じられないことです。

それにぼくは、InstagramにもTwitterにもFacebookにも「1円」も払っていないという事実。

なのに投稿すればするほど、、

  • 共感してくれる人が増える
  • 主張を世界に発信できる
  • 山形が何者かを認知してもらえる
  • 仕事も舞い込む
  • 売上が上がる

ということが実現しています。

そのため、「SNSの求めるところ」を意識して、その媒体のメリットにもなるように「共存」を意識することがとても大切なんです。

SNS媒体の利潤を追求する具体的な方法

では、SNS媒体の利潤を追求する具体的な方法についてです。

主に3つです。

  1. SNS媒体のルールを守る
  2. とにかく投稿する
  3. コミュニケーションを楽しむ

では、くわしく解説します。

1.SNS媒体のルールを守る

SNS媒体のルールを守りましょう。

詳しくは、のちほど解説します。

2.とにかく投稿する

とにかく投稿しましょう。

かんたんに言うと、使いましょう!ということです。

あなたが使っているSNSの媒体は、投稿する人が多ければ多いほどうれしいんです。

なぜかというと、サービスを無償で提供している媒体の多くは「広告収入」で事業がなりたっているからです。

あなたが投稿すればするほど、フィードは活発になり媒体はより多く「広告」を見てもらったり、広告主のサイトへ誘導でき、その広告主の利潤につながります。

それに、ユーザーは求めているものを手に入れることができて豊かになります。

広告主の利潤につながるということは、さらに媒体は広告収入を得ることができるんですね。

いわゆる循環が起きるんです。活発に。それも広範囲に。

ぼくが「SNSは循環だ」といつも言っているのには、このことも関係があるんです。

そのため、SNSはとにかく投稿して楽しみましょう!

3.コミュニケーションを楽しむ

コミュニケーションを楽しみましょう!

SNSは、「発信する」人と「受信する」人、または「その両方」の人でなりたっているからです。

具体的には、以下です。

  • いいね!(Good!)でリアクションする
  • コメントする
  • シェアする
  • リプ(返信)する

コミュニケーションが活発になると、やはりこれも「広告」に影響するわけです。

あなたがその媒体でコミュニケーションすればするほど、その媒体に「滞在」することになります。

あなたが滞在すればするほど、より多くの広告を目にすることになります。

広告表示されたものに興味があれば、クリックしてもらう可能性が高くなり、媒体企業の利潤につながります。

大きな声では言えないのですが、おそらくSNSの媒体によって違いはありますが、あなたがコミュニケーションをすればするほど、あなたがフォロワーのフィードに表示される頻度は高くなる傾向にあると個人的に予測しています。

このことは、あくまでも個人的な推測ですが。。

そのため、SNS媒体の利潤を追求するために、コミュニケーションをたくさん楽しみましょう!

SNS媒体のルールを確認する方法

では、SNS媒体のルールを確認する方法です。

今回は、以下の5つを取り上げてみます。

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. YouTube
  4. Facebook
  5. LINE公式アカウント

では、くわしく解説します。

1.Instagram

Instagramのルールは以下のページで確認できます。

ヘルプセンター > プライバシーと安全

2.Twitter

Twitterのルールは以下のページで確認できます。

プライバシーセンター

プライバシーポリシー

問い合わせ

※ページが英語表示された場合は、日本語が選択できます。

3.YouTube

Twitterのルールは以下のページで確認できます。

YouTubeでのデータ

Googleポリシーと規約

プライバシーポリシー

利用規約

テクノロジー

よくある質問

4.Facebook

Facebookのルールは以下のページで確認できます。

利用規約

データに関するポリシー

Cookieおよびその他のストレージ技術

コミュニティ規定

5.LINE

LINEのルールは以下のページで確認できます。

利用規約

ソフトウェア利用規約

LINEゲームサービス利用規約

プライバシーポリシー

まとめ

今回は、SNSの媒体の話をしましたが、その他のWEBサービスも同じことが言えます。

SNSの企業やWEBサービスを提供している企業が、その事業を続けていけるように「共存」を意識して活用していきましょう!

これが継続できれば、これからもぼくたちは世界に向かって主張したり、情報を発信することができます。

一度だけでもいいので、あなたが活用しているSNS媒体のルールを確認し、SNSライフを楽しんでいきましょう!!

すべてのSNSが学べる、SNSラボ

SNSを風のように軽やかに発信していきませんか?

すべてのSNSが学べる、SNSラボ!

↓↓メンバーを募集しています!↓↓
「すべてのSNSが学べる、SNSラボ」案内ページへ

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

OKness代表
閃き現実化コーチ。幼少期に持っていた「Oneness」「OKness」の感覚を心のクリーニング・クリアリングすることで38歳のときに思い出す。心理的メソッドと宇宙理論をかけ合わせたオリジナルメソッド「ハートチューニング」を提唱。カウンセラー・セラピストのビジネスをサポートしています。>詳しいプロフィールはこちら