誰かのためにあなたも、僕も、生きている。

辛いときも、悲しいときも、僕は生きている。

人は生まれて死んでいく。

「生まれる」がスタートで、「死ぬ」がゴールではない。

生と死は、コインの裏表のようなもの。

生まれたときから、死は常に人生をともにする。

死の世界は、どんなものなのかは誰もわからない。

わかるのは、ただ人に寄り添い、寄り添われ、僕は今生きている。

大切な人が傍にいるなら、全力で守ろう。

大切な人が遠くにいるなら、「いつも心は傍にいるよ」と想いを馳せよう。

誰かのためにあなたも、僕も、生きている。

Posted from SLPRO X for iPhone.

ABOUTこの記事をかいた人

山形 竜也

OKness代表
"ムーンウォークからムービングウォーク(動く歩道)へのライフシフト"
元うつ病の心理セラピスト。
通信系営業会社の倒産→収入ゼロ→テント清掃で日銭暮らし→ウェブ解析士→親の介護→うつ病→治癒→心理セラピスト& マインドマップインストラクター 。
現在はオンラインで個別セッションや講座、研修講師として活動中。>詳しいプロフィールはこちら