山形 竜也(やまがた たつや)のプロフィール

こんにちは、山形たつやです。

心理カウンセラー・セラピストとして活動していましたが、今は、心理カウンセラー・セラピストの方々のビジネスサポート(コンサル)をメーンに活動しています。

過去の経歴

通信系営業会社の倒産→収入ゼロ→テント清掃で日銭暮らし→WEBマーケティング・ウェブ解析士→親の介護→うつ病→治癒→心理セラピスト→一人でも多くの人が楽に生きられることを目指すもマンパワーに限界→カウンセラー・セラピストのコンサルとして活動中

通信系営業会社の倒産

29歳の頃、通信系の営業をしていましたが、キャリアの大きな方針転換でインセンティブ収入が激減し会社が倒産。
貯金もまともにしていなかったため、手持ちがゼロになるまでに時間はかかりませんでした。

収入ゼロ→テント清掃で日銭暮らし

ある日、路頭に迷いながら商店街をフラフラと歩いていました。
するとテントが汚れているお店がいくつか目につき、「洗ってあげたら喜んでくれるかなぁ」と小さな理容院に飛び込みました。
「汚れてるからきれいにしたかったけど、けっこう大変そうだし困ってたんだよ」
そこでお礼に1万円をもらったのをきっかけに、しばらくテント清掃屋さんとしての日銭ぐらしが始まります。
会社が倒産し収入がゼロになったことは妻には言えませんでした。たぶん妻は気づいてたと思いますが(笑)

ウェブ解析士

このままの生活を続けていくにはいかず、どうすればいいか迷い始めます。
自宅のインターネットで仕事について調べ物をしながら、ホームページがどうやって表示されるかに興味が湧いてきます。それをきかっけにHTML・CSS・JavaScript・PHP、デザインを独学で学び、そのままウェブの世界に入っていきます。
どんなに美しいホームページを作っても、そのホームページから成果(売上)がでなければもったいないことに気づき、上級ウェブ解析士の資格を取得。そのことをきかっけにウェブは制作側から、アナライザーやプロモーション・マーケティング側に移行していきました。

親の介護→うつ病

仕事は順調でしたが、激務でした。そんな状況の中、アルコール依存症の父が、潰瘍性大腸炎にくわえ深部静脈血栓症で手術。母がうつ病。兄のトゥーレット症候群が悪化。
病院と職場の行き来、病院や施設の対応、頼まれごと、日中鳴り止まない電話・・・。仕事をしていても、いったい自分が今なにをしているのかわからない状態になっていました。
ある日の出勤途中、職場から最寄りの駅の改札口を通り抜けようとするけど、強烈な吐き気と目まいがおそい出勤することができない日がありました。それが数日続き、自分自身がうつ病になっていました。
会社はとても良心的で、ぼくの体調を第一に優先してくれました。しばらく休養しそのまま退職。

治癒→心理セラピスト

どうしてこんな状態になってしまったのか。自分を責める毎日。
うつ病は心の病だと聞くので、心について調べていると、ある人のウェブサイトにたどり着きます。その人は、心理カウンセラー・セラピストの岡部明美さん。迷いもなく気づけばカウンセリングセッションの申し込みをしていました。このことをきかっけに、岡部さんのもとで自分自身のクリーニング(感情の癒やし)・クリアリング(自身を制限している思考パターンの手放し)をおこなっていくことになります。
うつ病の完治には時間はかかりませんでした。
この自分の変容に驚き、岡部さんのもとでクリーニング・クリアリングをつづけながら、心について深く学び始めます。

その後、経験をつみ、心理カウンセラー・セラピストとして2018年12月に独立開業しました。

一見、これまでの人生が失敗と挫折ばかりのように思えるのですが、実は必要なことだけしかしてこなかったように今は思えます。
新米のカウンセラーがこの業界で食べていくなんてとても難しいことなんですが、営業の経験やウェブの知識を活用して開業から4ヶ月で軌道にのせることができました。
挫折や苦しみがあったからこそ、心の世界を知り、カウンセラーという天職を見つけることができました。

ビジネスコンサルタントとしてサポートする側へ

カウンセラー、セラピスト、ヒーラーをはじめ”ひとり起業家”の方々が、

もっと活躍できる世の中になれば、世界はもっと軽やかに豊かになる!

一年ほどカウンセラーとして活動しましたが、方向性をシフトしました。

ある日、こんなシミュレーションをしてみたんです。

仮にぼくが今後30年心理カウンセラーとして活動し、業界でわりと有名になったというシミュレーションです(笑)

その場合、おおくて5万人くらいの方々に何かしら影響を与えることができると計算結果がでました。

その結果を見て「少ない!」と思ったんですね。

そこで方向性をシフトしたんです。

ぼくだけが「一人でも多くの人の心を軽く・・・」といって活動していくことに限界を感じました。

ぼくひとりのマンパワーに限界を感じたんです。

WEBマーケティングの出身なので、WEBやSNSを使って自分を知ってもらう方法やユーザーとつながる方法を知っています。

そこでこの経験と知識を、他の心理カウンセラーやセラピストの方々にも伝え一緒に共有して束になって活動していくことができたら世の中変わるんじゃないかという発想に至りました。

2020年7月現在、20名のクライアントとビジネスを楽しんでいます。

バックボーンとなっている学び
WEBデザイン、WEBマーケティング、WEBプロデュース、ウェブ解析、SNSマネージャー、ゲシュタルトセラピー、バイロンケイティワーク、感性論哲学、マインドフルネスセラピー、フォーカシング、エニアグラム、ハコミセラピー、コアトランスフォーメーション、マインドマップ、アンガーマネジメント、ブリーフセラピーなど

ぼくのビジョン

ぼくのビジョンです。

ビジョン

テーマ
与え、分かち合い、調和の時代を仲間と共に創り上げる

もし仮に、地球が一つの生命体として考えた場合、

わたしたちは、地球の細胞とも言えるかもしれません。

すると、地球は成長しているわけです。より健康になっていきたいんです。

あなたが、この世の中に表現(や発信・創造)していくことは、すべて地球が良くなるためだと思うんですよね。

だから、あなたはオモテの世界にそれを表現して、人とつながっていく必要があるんですね。

そのときにはじめて、エネルギーの循環がおきるんです。

これが「分かち合い」と言います。

人は、凸と凹を必ず両方持っています。

ここでは、凸を「できること」、凹を「できないこと」にしましょう。

人が凸凹をもっているのは当たり前です。当然なんですね。

たとえばぼくは、WEBマーケティングのことが好きで得意です。

ですがデザインは大の苦手なんです。

そこでぼくがデザインをしてほしいと思い、それが得意な人に依頼しつながることができます。

ぼくの凹と、相手の凸がばっりちひとつになってエネルギーが循環しますよね。

風が流れるように、

川が流れるように、

あなたのエネルギーも流れているのが本来の姿です。

循環したがっているんです。

流れる川はにごりません。

与え合って「ひとつ」になって完璧に循環しているんですよ。

「ひとつ」が本来の姿なので、凸も凹も繋がりたがっているんです。

この循環は、SNSでも対話でも何でもよくて、それらをきかっけとして「与えて」いくことからはじまります。

あなたが持っているメソッドやノウハウ・ドゥハウ、コツや最新情報をどんどんSNSやブログで「与えて」いくんです。

それを必要としている人が必ずいます。

それと、凹をもつことは良くないことみたいに思うかもしれません。ですが、

そうじゃないんです。凹も人を活かすためにあるんです。

それは、凹をオモテにだすこと。「〜ができない」「〜を助けて」って言うこと、手を挙げることです。

それに必要な凸の人が必ずいる。あなたが凹を「与える」ことで、その凹は誰かの凸として活かされるし輝きます。

これがエネルギーが循環するということです。

「ひとつ」になるということです。

で、あなたの凸と、それを必要としている人の凹が一つになるお手伝いができればと、今もこれからも活動していきます。

以下は、ぼくの中にある”感覚”についてです。興味ある方はご覧ください。
↓↓

僕が地球の細胞だとしたら・・・

個人的な情報など

1979年4月19日生まれ。福岡県福岡市出身。太宰府市在住。

・読書好き(年間200冊くらい)
・観葉植物を育てることが好き
・梅(フレンチブルドッグ)がいる
・元上級ウェブ解析士
・マインドマップインストラクター
・元アンガーマネジメント講師
・日本メンター協会オフィシャルパートナー
・身長184センチ
・靴のサイズ29センチ
・右利き
・血液型A型
・エニアグラム:タイプ9w8
・牡羊座
・沖縄が好きで毎年旅行に行く

お問い合わせ・ご意見・ご感想など